ヨーロッパの中央にある小国チェコは、人形劇大国として有名です。

イジー・トルンカはチェコのみならず、世界的な人形アニメーションのパイオニアで、戦後すぐのカンヌでは、ディズニーやポール・グリモーをおさえ大賞を受賞し、審査員は「映画の詩人と呼べるのは、チャップリンとトルンカだけだ」と激賞し、ジャン・コクトーは「トルンカ、それは子供と詩の王国である」と賞賛を惜しみません。人形だけでなく、セルや実写や切り絵など、様々な技法を組み合わせた短篇も含め、全作品を上映致します。

また、トルンカのアニメーターを長らくつとめ、現在もチェコで活躍しているブジェチスラフ・ポヤルの傑作短篇集も含め、日本での最終上映になりますので、是非、お見逃しなく!!